三判書古宅

  • Sampanseo Historic House
  • 三(サム)判(パン)書(ソ)古宅とは、高麗末から朝鮮初期まで三人の判(パン)書(ソ)(長官)が引き続いて居住していたことから名付けられた古宅です。

    • 住所 : 慶北栄州市ソンビ路181番ギル56-1(可(カ)興(フン)洞(ドン) 9-28)
    • 電話 : 054) 631-0444

紹介

この家の最初の所有者は、高麗時代の恭(コン)愍(ミン)王の時の刑部尙書(朝鮮時代の刑曹判書)を務めた鄭(チョン)云(ウン)敬(ギョン)(1305〜1366)でした。その後、 鄭云敬は娘婿である工曹判書の黄(ファン)有(ユ)定(ジョン)(1343〜)に、黄有定はまた娘婿である永柔縣令の金(キム)少(ソ)良(リャン)(1384〜1449)に譲り、金少良の息子、金(キム)淡(ダム)(1416〜1464)も吏曹判書になった。その後もキム判書の子孫たちがこの古宅で代々住みました。この古宅は三人の判書をはじめ、朝鮮開国の一等功臣の鄭(チョン)道(ド)伝(ジョン)、司憲府のファン・ジョン、集賢殿の学士キム・ズンなど、多くの学者と名臣を輩出したところです。それだけに限らず、各地の多くのソンビたちが交流した朝鮮時代の名家として知られています。

三(サム)判(パン)書(ソ)古宅は、グソン公園(現在の栄(ヨン)州(ジュ)洞(ドン))の南側で栄州ソンビのシンボルとして数百年を続いてきましたが、1961年の大洪水で壊れてしまい、結局数年後に撤去されました。しかし、2008年10月西川を見下ろす場所であるグハク公園に復元され「ソンビの村」栄州を象徴する名所になりました。