栄州タコ

栄州タコ

栄州タコ

1955年嶺東線の開通とともに生まれた榮州タコは、当時質の良い東海真タコが鈍行列車で榮州に到着する頃に一番美味しく熟成され、その味が知られ始めたその時から、多くの人々に愛されきました。誕生日、結婚、還暦、常例、祭祀などに欠かせないソンビの町、榮州地域の伝統的な食べ物です。

ムンオ(ムノ、文魚、タコ)のムンは、漢字で文である。つまり学問を意味するので、タコは「ソンビ魚」と呼ばれることもあります。だからタコが榮州の人々のソンビ精神と学問を崇める地域の精神世界をよく代弁するという話もあり、深い海で体を最大限に下げて生きている様子が榮州のソンビらの原則と信念、そして謙譲の意味を内包しており、タコが緊急なときに吐く墨は、ソンビらにとって筆とともに文章を書くときに欠かせない墨汁のように大切なものとされたので、榮州の人々が自然に馴染めことができた。住み心地のよい品高いウェルビーイング健康都市であり、ソンビの村である榮州に最もよく似合う特産物です。

包装単位及び購入先

  • 包装単位 : 1kg、2kg、3kg、5kg、10kg、20kg
  • ムクホムンオジッ : 054)635-4557、017-371-8979
  • ブオンイ商会ムンオジッ : 054)634-0900、054)638-1588、010-4037-1588
  • ウルルン(鬱陵)水産(名品栄州タコ): 054)634-6181, 010-3214-0418